人妻セフレ.com

トップページ > 人妻が大好き

人妻が大好き

18歳未満は退出してください

▽ 目次 ▽



  1. 人妻が大好き

  2. 人妻のセックスのテクニック

  3. 人妻とスケベな関係の出会い

  4. 人妻の魅力





人妻が大好き




【完全無料】で人妻と出会い
↓↓↓↓↓



私は昔から人妻が大好きです。人妻は若い子とは違うエロい感じがあり好きなのです。しかし、大学生の私には人妻との出会いはなかなか巡ってきません。そんな狭い世界で生きている私が人妻と出会うためにはネットでの出会いしかないと思いサイトに登録してみました。若い女の子の登録よりも人妻の登録の方が目につくのです。私としては本当に嬉しい状態でサイトを見ているだけで興奮してしまいました。サイトからメッセージを送って返信があった人妻と会うことになりました。人妻はやはり平日の昼間が暇のようで私は大学の授業がない日に近くの駅前で人妻と待ち合わせしました。実際に会ってみると人妻ですが、とても若くエロい感じがしました。サイトで出会った女性と会うのは初めてだったので私は緊張してしまいました。人妻は「緊張してる?すぐにホテル行く?」と聞かれたので「はい、そうしましょう。」と返事をしました。近くのラブホに入ると人妻はすぐに服を脱ぎ始めました。下着姿になり私の方を向いて「下着だけは脱がしてくれる?」と言ってきたので、私は緊張しながら下着を脱がしていきました。人妻は若い子のように痩せすぎではなくて程よく肉がついていて柔らかいおっぱいが特徴的でした。すぐにおっぱいを揉みながらベッドに押し倒しました。もう私ものは硬くなっていたので挿入すると人妻は「あ〜、若い子の太いものが入って気持ちがいい。もっと動かして。」と言うのです。人妻の言う通り腰を動かしていると私はもう我慢が出来なくなり思い切り中出しをしました。今まで出たことがないくらい出たので自分でも驚きました。その人妻とはそれから何回も会ってエッチをしています。
21歳 大学生 男

ハレンチですな



△ 目次に戻る

人妻のセックスのテクニック



【完全無料】で人妻と出会い
↓↓↓↓↓




田舎かの大学を出て大都会の企業に就職し、早や1年が経ちました。田舎者にとっては、大都会はまぶしすぎ、1年経っても中々馴染めません。
職場には同期の仲間が居らず、会社が終わると独りぼっちと言う生活が続いています。田舎のイントネーションが抜けきらず、それが気になって自分のアクティブな行動を一層阻害しているのだと感じています。
そんな寂しさを紛らすために、ある出会い系サイトに登録して、女性との出会いのスリルと刺激を楽しんでみようと考えました。
実際に会えなくても、ネット上で見つけた女性とメールでやり取りして楽しんでみようと考えたのです。文字なら、田舎訛りも関係なく、自分の本音以上に喋れると思ったのです。
考えて見れば、少し屈折した感情ですが、ある意味で寂しさにそこまで追い込まれていたとも言えるでしょう。希望女性の年齢幅は、20歳から40歳と大きく幅を持たせ、少しでも可能性を広げました。
メールを何度かやり取りし、先方から実際に会おうとの誘いがあると、何となく怖気づき、こちらから断って終わりと言う事を何度か繰り返しました。
そんな経過を経て、人妻ですが、同郷出身の自称38歳の女性とメールのやり取りを始めました。同郷と言う事の懐かしさと、田舎の訛りを気にせずに済むと言う安心感から、思い切ってその女性と実際に会う事にしました。
人妻であり、不倫相手になる事に少し抵抗はありましたが、ぽっちゃりタイプで好みの女性であった事と、同郷出身者と言う安心感から、あったその日にラブホに向かいました。
経験の少ない私を終始リードし、その女性は激しいセックスを繰り広げました。旦那とのセックスレスが長く、貯まっていたものを若い私の肉体を相手に全開したと言った感じでした。
それから何度かその人妻と密会し、いつしか彼女を十分満足させるだけのセックスのテクニックを身に付ける事ができました。この出会い系で見つけた人妻のセフレとは、私の転勤と共に自然消滅してしまいました。

25歳 独身 会社員


アダルト出会い




△ 目次に戻る

人妻とスケベな関係の出会い




人妻不倫物語
【完全無料】で人妻と出会い
↓↓↓↓↓



出会い系サイトで知り合った人妻は、とても真面目な感じのする女性でした。旦那さんは一流企業の研究者で、趣味は音楽鑑賞というエリート社員とのことでした。彼女とメールをしていると、彼女が旦那さんにすこし不満をもっているような感じが見えてきました。私はスケベ心から、突っ込んでいくと、スポーツとは無縁の旦那さんに不満があるようなのです。本当は、彼女はお兄さんのように、スポーツマンでガタイのいい男性が好きだというのです。彼女のお兄さんは、柔道を続けていたようでした。
さらに突っ込んでいくと、彼女はそういう男に抱かれたいというのです。幸い、私も学生時代は柔道をやっており、ガタイには自信がありました。柔道の話から彼女の興味を引き、いつしか私とのスケベな関係を意識させるようにしていったのです。
そうなると話は早く、会う約束も簡単に進んでいきました。会った時には、彼女はもうスケベな気持ちでいっぱいのようで、私もいつもより激しく彼女を抱きました。彼女は、旦那さんとの静かなものよりも、ガタイのいい男とのはげしいものを求めていたのです。
それから、私たちは定期的に会うようになりました。そして、彼女は旦那さんとも円満にいい奥さんを続けています。出会い系で知り合う人妻は、何かしらの不満を夫婦生活にいだいているのかもしれません。結婚した男と抱かれたい男は、同じでないことも多くあるのかもしれないです。
私は42歳で公務員をしています。


完全割り切り希望




△ 目次に戻る

人妻の魅力




若妻フレンド倶楽部
【完全無料】で人妻と出会い
↓↓↓↓↓



既婚で子供もいるアラフォーサラリーマンですが、妻には内緒で(当たりまえ)、出会い系サイトを使って大人の恋人を探し、かなりひんぱんに遊んでいます。
妻との夫婦関係に問題があるわけではありません。夫婦円満な方と言っていいと思ってます。でも、妻だけじゃ満足できないんですよね。「同感」と思ってくれる男性は、かなり多いんじゃないでしょうか。
サイトで出会い、現在交際している彼女は29歳の既婚者、つまり「人妻」です。
俺は人妻に対して、特別な思い入れはありませんでした。しかし、彼女と知り合い、大人の関係を持つようになって、人妻の味といいますか、独身女性にはない魅力を知ることができたと思ってます。
「ああ、今俺が抱いている女には、旦那がいるんだ。この女は家に帰ると、その男に抱かれるんだ」と考えると、妙に燃えてきてしまうんですよね。
妄想癖のある俺は、「もしかすると自分の妻も、今頃ほかの男に抱かれているのかも」なんて空想をし、頭の中でスワッピング。それが余計に興奮度を高めてくれるんですよね。
今の彼女の魅力はもう一つあります。それは大変な「濡れ性」だということ。これは別に「人妻だから」ということではありません。既婚、未婚を問わず、濡れやすい体質の女性はいるものですよね。
ただ、セックスの経験が豊富で、テクニシャンの男性と多くのセックスを経験すると、濡れやすくなるということはあるんじゃないでしょうか。
少なくても私はこんな風に思ってます。「きっと彼女の旦那がテクニシャンで、こんな濡れる女になったんだ」と。
人妻の味に目覚めた俺は、「出会い系で別の人妻も探そう」と考えているところです。
「38歳|会社員(大型小売店勤務)」


ちょっとエッチなはずが・・・


△ 目次に戻る