人妻セフレ.com

トップページ > 淫乱でエロい人妻たち

淫乱でエロい人妻たち

18歳未満は退出してください

人妻性体験【完全無料】
【完全無料】で人妻と出会い
↓↓↓↓↓




▽ 目次 ▽



  1. エロい人妻

  2. 26歳の人妻さんと出会っちゃいました

  3. 優しい言葉をかけてほしいんです

  4. 興味本位で人妻と初体験 えぐいフェラテクにKOされました

  5. 普通の人妻が出会い系サイトである男性と出会いました





エロい人妻



最初は軽い気持ちから出会いサイトを覗いただけだった。
男も40代半ばの既婚者になると、身近の女は恋愛対象として俺を見てくれなくなる。
いや、こっちも恋愛対象として女を見ているわけじゃないんだ。
ただ、性欲が風俗で機械的に処理される事に寂しさを強く感じられるようになってしまっただけなんだ。
でも、家庭を壊すような激しい恋愛なんてできるわけない。
そんな時に、いつものエロサイトの広告に目が止まったんだ。
出会い系サイトなら、多少なりとも会話や触れ合いがある。
それも人妻なら、ジェネレーションギャップに悩まされることも少ないだろう。
気軽に試してダメならサッサと手を引いちゃえばいいし。
ただ、それだけだった。
一回りも年が違うアヤコと会うことができたのは驚きだった。
彼女は子供が出来てから、旦那が相手をしてくれなくなったということで寂しかったらしい。
性別との違いはあっても動機は似たようなものだ。
俺たちは似た境遇に意気投合した。彼女は見知らぬ俺に安心して普段溜まっている愚痴を一方的にまくしたてた。
俺は、聞いているだけだったが楽しそうな彼女を見ているだけで心が和んだ。
「さ、いきましょ」と彼女に促されて、居酒屋を出た時はまだ日が明るかった。
服を脱いだアヤコは年齢なりの肌艶で、人妻らしいこなれた床上手振りで俺を楽しませてくれた。
ゆっくり互いの唇を舐りあい、ねっとりと吸いつく尻の肉を両手で揉みしだいた。
彼女は静かに耳元で喘いでくれた。男のツボを押さえた、欲情を誘う喘ぎ方だ。
俺はこれを待っていたんだ。
セックスは互いに求め合ってこそ燃えるってもんだ。
服を着ながらアヤコに聞いてみた。
「居酒屋でチョットしか飲まなかったのは、俺の勃ち具合を心配したの?」
アヤコは悪戯な笑みを浮かべるだけだった。
46歳 会社員


人妻の欲望



△ 目次に戻る

26歳の人妻さんと出会っちゃいました



出会い系サイトは色々な女性がいるのですが、昼間の時間帯だとやはり人妻さんが結構いるらしくて、やはり夫との仲があれだったり欲求不満だったりするんでしょうか、わりとあっさりとエッチにまで持ち込めたりするので驚きました。

今回出会い系サイトで会った人妻さんですがなんと年齢は26歳ということで、結婚3年目ということでした。実際にデートとなるのですが、当然昼間のランチタイムからの待ち合わせとなったので、これはこれで新鮮な気分でした。大体ほかの出会い系サイトの女性はOLさんとかは夜ですし、女子大生なんかだとまた違ってくるのですが、とにかくお昼を一緒にということで、そのKさんとも話をしながら盛り上がった感じになりました。というかランチのお店でやけにボディタッチが頻繁なので、これはいけるのではと思ったので、お店を出た後の散歩でホテル街に向かうと、ぎゅっと回した腕をさらに強く握ってきたので、これはもうOKだろうと思って誘ってみたら大丈夫でした。そしてシャワーを浴びていざエッチとなりましたが、人妻さんなのにそのプロポーションが全然崩れていないのには驚きました。肌も白くて綺麗ですし、なにより感度が抜群でありフェラがとても上手だったので、凄い当たりを引いた気分になりました。これだけエロい人妻を放っておく夫の気持ちは分からないなあ、と考えつつセックスでも二回戦まで堪能しちゃいました。今でも月に一二回は隠れてホテルでセックスを楽しんでいますので、やはり出会い系サイトの人妻は当たりが来ると凄いんですねと感じました。

25歳 フリーター


性に貪欲な人妻



△ 目次に戻る

優しい言葉をかけてほしいんです



出会い系サイトで専業主婦をしている人妻と知り合いました。中学生のお子さんがいて、毎日のように部活動で使うジャージの洗濯が大変だと愚痴を聞いていました。私は何も考えることはなく、「ご苦労様です。」とメールに書いていました。
ある日、彼女が突然、「いつも優しい言葉をかけてくれてありがとう。その言葉を直接聞きたい。」とメールに書いてきたのです。「直接聞きたい。」、もちろん私は彼女と会うことにしました。
彼女と駅で待ち合わせをした後、車で海を見に行きました。私は車の中で彼女の肩を揉み、「いつもご苦労様です。」と声をかけました。彼女は、「ありがとう。そんな言葉、旦那にも子供にも言ってもらったことない。」と言って、私に寄り添ってきたのです。そして、私たちはそのままホテルに向かいました。
彼女を抱いた後に、「ありがとう。気持ちよかった。すごくよかったよ。」と私は彼女に話しました。すると、彼女は「そんなこと言われたことない。」、そういって再び私を求めてきたのです。
それから、私たちは月に一度会うようになりました。会えば、もちろん私は彼女に言葉を投げかけます。私が出会った人妻は、優しい言葉に飢えていたのかもしれません。私の言葉に、彼女は驚くほど反応してくれたのです。この出会いは、お互いにとってとても新鮮であったのかもしれません。これからも、言葉のやり取りを続けていくことになると思います。
私はサラリーマンで44歳です。


人妻と大人のストーリー




△ 目次に戻る

興味本位で人妻と初体験 えぐいフェラテクにKOされました



自分には熟女趣味はないと思ってました。けど、出会い系サイトでを通じて中年の人妻とやってみて、そのあまりの気持ちよさに、「人妻」と「熟女」に同時にハマってしまったんです。
その人妻は46歳。年相応の外見で、顔はふつうよりちょっと上程度、ただし、体はかなり肉感的で、魅力満載です。
最初は完全に興味本位でした。友人に熟女好きの男がいて、話をいろいろ聞いていましたので、「おれも一度ぐらい、熟女を経験しておいてもいいかな」って考えたんですよ。
ちょうどそのタイミングで、サイトで人妻熟女との出会いのチャンスが訪れました。感じのいい女性だったんで、会ってみることにしました。
会ってみたら、思ってたよりエロっぽいし、「これならイケる」と判断。ラブホに誘いました。
後からわかったんですが、彼女はおれみたいな細マッチョな若い男が大好きなんだそうです。つまりおれは彼女にとってストライクど真ん中だったわけですね。
で、肝心のエッチの方ですが、これがかなりのグレード。さっき言ったように肉感的で、見るからにエロイ体型ですが、年齢的な限界もあって、その「ちょっとザンネン」な感じが、かえって「おれは今、人妻熟女とエッチしてるんだ」という実感に結びつきます。
「いつもと違う感」、「おれって変態かも感」が、興奮を高めてくれるんですよね。
それと、さすがは人妻。経験豊富なためでしょう、フェラテクがかなりえぐいんです。舌使いもですが、唇の使い方が本当にうまい。カリ首を締めたり、胴の部分をきつく刺激したり、緩急交えた唇テクにKOされてしまいました。
人妻がすべてテクニシャンというわけではないでしょうが、その傾向は強いといえるんじゃないでしょうかね。
えぐい人妻との出会いに感謝、サイトのおかげです。
「26歳|アルバイト」


淫乱な人妻は好きですか?




△ 目次に戻る

普通の人妻が出会い系サイトである男性と出会いました



どこにでもいるような感じの人妻です。特に美人でもブスでもないと思います(たまに井上真央に似ていと言われるので、年齢よりも童顔だと思います)

普段は9時〜6時で会社勤めをしていますが、土日祝は完全な休日です。
夫と2人暮らしのために日曜日は夫と出かけることが多いですが、夫は日月が休みの為に、土曜日は1人で過ごしています。

結婚して8年が経過したので、さすがに新鮮さは感じておらす、たまに違う男性とデートがしたいなと思うようになりました。
元彼などに連絡を取る事も考えましたが、向こうも家族が居るので厄介な事になると面倒なのでそれはやめました。
しかし夫以外の男性とも話がしたいと日増しに思うようになりました。

私が選択した手段は出会い系サイトでした。出会い系なら誰にも迷惑にならず、自分の名前や年齢など細かい事を言う必要なないし、その時だけの割り切ったお付き合いもできるのではないかと考えました。

早速大手の出会い系サイトに登録を済ませてました。さすが大手の出会い系サイトだけあって、登録人数が多いのか、すぐにメッセージが届きました。
多い日では1日何通もメッセージがあって、失礼ですがよく吟味をしてお返事をしました。

私がお返事をした男性は年齢が私より少し下の独身男性でした。
結婚願望はなくて、寂しい時だけ女性と過ごしたいという人でした。
画像交換からお互いを気に入りまして、翌週の土曜日に都内でお茶をしました。

すごく話しもあって、大人しめの男性でしたが、もし私さえその気持ちがあったらホテルで休憩しませんか?とやんわり誘われ、お誘いにのりました。

途中からは初対面とは思えぬくらい私は彼に心も体も委ねて全てを任せました。
結婚してか夫以外の男性に抱かれるのは初めてでしたが、今まで味わった事のないような快感を得てしまい、その後も彼とたまに会っては肌を重ねています。

私は人妻なので勿論大人の割り切った関係です。


38歳、グラフィック関係会社に勤務。



割り切った関係なら


△ 目次に戻る