人妻セフレ.com

トップページ > もう何年もセックスレスの状態で、欲求不満が溜まっている人妻

もう何年もセックスレスの状態で、欲求不満が溜まっている人妻

18歳未満は退出してください

【完全無料】で人妻と出会い
↓↓↓↓↓




私は25歳です。彼女と別れてだいぶ経ちました。そろそろ彼女が欲しいと思っているのですが、なかなか女性との出会いも無く、彼女ができません。そこで、出会い系サイトで彼女を探すことにしました。

出会い系サイトに登録すると、何人かの女性からメッセージがありました。自分と同じぐらいの年齢の女性もいれば、人妻もいました。私は彼女を探していましたが、エッチもしたかったので、人妻ともやり取りをしました。その中の39歳の人妻と実際に会う約束をしました。

彼女は結婚して10年以上経つそうですが、もう何年もセックスレスの状態で、欲求不満が溜まっているそうです。そこで、時々出会い系で男を探しているそうでした。最近、出会い系で知り合った男と別れて、新しい男を探していたそうです。私も彼女と別れて彼女を探していることを話して、話が合ったので会うことになりました。

デート当日、待ち合わせ場所で彼女と会いました。彼女は色っぽい人妻でした。私たちはお昼ご飯を食べに行きました。お昼ご飯の時、私は彼女にボディータッチをしましたが、彼女は嫌がりませんでしたので、私は積極的に彼女にボディータッチをしました。お昼ご飯を食べた後、私たちはカラオケに行きました。

カラオケでは、最初は歌っていましたが、疲れたので私たちは休みました。私はカラオケでも積極的に彼女にボディータッチをしました。狭くて暗い個室でボディータッチをしていると、雰囲気がどんどんエロくなっていきました。私たちはどんどん興奮していきました。私は彼女を抱き寄せ、そしてキスをしました。キスをしてから、どんどん加速していきました。

私はキスをしながら彼女のパンツに指を突っ込んで、彼女の股間を弄りました。グチャグチャという音が聞こえてきました。彼女も我慢できなくなって、私のズボンのチャックを開けて、フェラチオをしてくれました。私は耐えられず、彼女の口の中に射精しました。それから、時間が来るまで私たちはイチャイチャし、終了時間になったら、私たちはホテルに行って、続きをしました。


エロ人妻


▽ 目次 ▽



  1. 出会い系で出会った人妻は即ハメだった

  2. 人妻との背徳的なセックスが大好きです

  3. 夫の目を盗んで彼とのアバンチュール

  4. 人妻は性欲を持て余している

  5. 人妻であっても、出会いが欲しいという素直な本能

  6. 子連れの人妻とホテルに行って分かったこと

  7. 人妻専門出会い系サイトで刺激的な火遊び





出会い系で出会った人妻は即ハメだった



僕は21歳の大学生です。僕には彼女はいませんが、セフレはいます。僕のセフレは43歳の熟女です。年齢的には母と息子のような感じですが…。このセフレとは、出会い系サイトで知り合いました。僕はセックスがしたく、出会い系サイトに登録しました。人妻は出会ってエッチしやすいと言われていますし、僕自身、人妻や熟女が好きだったので、近所に住む人妻と熟女にメッセージを送りました。年齢は20代後半から30代中盤の人妻にメッセージを送りました。すると、なぜだか43歳の彼女からメッセージが来ました。43歳という年齢に最初は引いてしまいましたが、せっかくメッセージをもらったし、セックスができればという下心で彼女に返事をしました。

彼女は暇だったらしく、昼間にメッセージを送ってもすぐに返事がありました。5、6回やり取りした後、私は彼女に「もしかして、今暇ですか?僕も暇なので良ければ、LINEを交換して、LINEで話しませんか?」と彼女に聞いてみると、彼女はすぐに私にLINEを教えてくれました。彼女は毎日暇らしく、しかもよく出会い系サイトで男を探しているとのことでした。僕は大学生で時間もあったので、「明日講義が午前中で終わるので、良ければ会いませんか?」と誘ってみました。「若い子とデートなんて楽しみ。」と彼女はOKしてくれました。

次の日、講義が終わってから待ち合わせ場所に行きました。すると、女性が一人立っていたので、声をかけると彼女でした。ちょっと豊満な熟女でした。彼女は「こんなオバサンで良いの?」と聞いたので、私は「緊張します。」と答えました。近くのレストランに入って、お昼ご飯を食べました。僕は彼女が出会い系でよく男を探していると言っていたのを思い出し、今まで出会い系で知り合った男の人について聞いてみました。彼女はいろいろ話してくれました。そして最後に「あなたが一番若いわ。」と言いました。

食事を終えてレストランを出た後、僕は思い切って彼女に「ホテルに行きたいです。」と言うと、彼女は乗り気でOKしてくれました。僕たちは手を繋いでホテルへ向かいました。


人妻達の淫らな関係





△ 目次に戻る

人妻との背徳的なセックスが大好きです



学生の頃は恋愛対象が学生でしたが、次第に年を重ねるにつれて恋愛対象も変わっていきました。
今では30代以上の既婚女性にとても惹かれます。
他人の女ってだけですごく魅力的に見えますし、背徳的な関係に興奮するんだと思います。
ただ、会社の同僚や知人に手を出すわけにはいきません。
社会的に許されない事くらい分かっています。
ですので、これまでずっと人妻風俗で気を紛らわしていました。
しかし、本当の人妻とセックスしたいという思いは強くなっていきました。
そんなある日、ふとした興味本位から出会い系サイトに登録してみました。
こういうところはサクラが多いんだろうなとか、業者がいるんじゃないか?などと思っていましたが、実際は違いました。
出会いを求める人妻ってたくさんいるんですね。
サイトを利用するようになってから、もう何人も人妻とセックスする事が出来ました。
人妻とのセックスは最高です。ハメながら旦那の名前を呼ばせたり、旦那のペニスより固くて気持ち良いだの、卑猥な言葉を散々言わせます。
彼女たちはまるでセックスに飢えた獣ですね。
普段家庭の中で抱えているストレスを爆発させるかのように、セックスに溺れています。
性欲の奴隷のようになんでもいう事を聞きますし、私の勃起したペニスを見ると涎を垂らしてしゃぶってきます。
そして、濡れた自分のアソコを弄りながらペニスを入れてと懇願して来ます。
私は元々Sっ気があったのでしょうね。
焦らしたり責めたりが大好きなので、ドMの人妻との相性が抜群です。
もっともっといろんな人妻と出会い、いつかは種付けしたいなぁなんて考えています。

39歳 大手広告代理店勤務


お願い、もっとい出して!

【完全無料】で人妻と出会い
↓↓↓↓↓






△ 目次に戻る

夫の目を盗んで彼とのアバンチュール




私は23歳の時今の夫と出会った。夫は大企業に勤め収入もそこそこ、ルックスも申し分ない人だった。しかし結婚した当初から私を束縛するようになり、それが次第にストレスへと変わっていった。夫に会うまでは勤めていたホテルの受け付けも辞めさせられ、今は専業主婦のつまらない女になってしまった。外出が許されるのは夕食の買い物だけで、友達に会う事さえ許してくれなかった。そんな生活が1年続いた後転機が訪れた。
夫が期間限定で九州の長崎に出張になった。3か月夫は単身赴任で出張先の宿舎に入る事になった。これこそばかりと夫がいない間私は友達に会ったり、友達の紹介である男性と親しくなった。彼は私が勤めていたホテルに仕事で何度か足を運び私の事を覚えていたのだ。その場でアドレスを交換し、いつしか二人で会うようになっていた。自分が人妻である事を忘れ、彼に夢中になっていた。出会って2回目のデートで私たちは肉体関係を持った。夫とのセックスは自分本位で一度も満足した事はなかったが、彼とのセックスは今まで出会った事のない快感を覚えた。偶然とはいえ彼との出会いに感謝した。もし彼と出会わなかったら、女としても一生快感のあるセックスに出会う事はなかっただろう。
夫が九州から帰って来ても、夫の目を盗んで彼とのアバンチュールなひと時を楽しんでいる。自分が人妻である罪悪感はあるけれど、体が彼なしでいられなかった。彼の方も私に出会いこんな深いセックスをしたのは初めてだったと言ってくれた。
これからも夫にバレない限り彼との関係は続いていくだろう。


人妻の欲望


【完全無料】で人妻と出会い
↓↓↓↓↓






△ 目次に戻る

人妻は性欲を持て余している



23歳のフリーターだったころ、ヒマ潰しのつもりでいろいろな出会い系サイトに登録して、初回特典のポイントを活かして個人的に連絡先を聞き出しては食事に誘い出し、ホテルに誘う・・・というパターンを繰り返していた。

まだ若くて性欲を持て余している上に、バイトは夜勤で男だらけの肉体労働だったので、この方法でSEXまで持ち込めるのはありがたかった。

初回ポイントを使って終わりにするつもりが、すっかりハマってしまい。業者の思うつぼに課金しまくるようになっていた。
バイト代には恵まれていたから1日1000円程のサイトへの課金はそれほど痛くはなかったが、そこに食事代・ホテル代がかさむとなかなか財布の中が厳しくなってきていた。

そこで、ちょうど若くて軽い女との出会いに飽きてきていたこともあって、年上の女を見つけて奢ってもらってお金を浮かそうと思い始めた。

サイトを漁って「人妻専門」という言葉が目に止まったのは、年上である程度お金があるだろうということと、昼間ヒマな自分と時間が合うだろうということぐらいで、大した理由はなかった。

サイトで女を探すことにはもう慣れきっていた自分には釣れそうな女を見分けるのはもう簡単だった。「ゆり」という人妻の書き込みを見つけたときにはもう口説ける自信があった。
32歳という歳が少し嫌だったが、性欲と興味が勝って頻繁に連絡を取り合うまでには3日もかからなかった。

「毎日ヒマです。。」という何気ない書き込みの裏には想像を絶する性欲が潜んでいた。

服装も顔も地味なゆりと食事を適当に済ませたあとはホテルに誘うのに苦労は要らなかった。相変わらず無口なゆりの方がホテルに向かって手を引いていた。

部屋に入るなり深く舌を絡めてきたゆりは無言のまま服を脱がしてくる。あっという間にこっちはパンツ1枚にされ、陰茎が勃起しすぎて痛いほどなのが傍目に分かるほどだった。

興奮が抑えきれなくなってきた自分もゆりのブラウスを脱がしスカートを下すまでに時間はかからなかった。

「私が上がいい・・・」と消え去りそうな声で言ったあとゆりはすぐに自分を押し倒すように胸に飛び込んできた。「え?」と聞き返すと、「上になる。動きたいから」とだけ言ってあっという間にまたがってきた。

焦っているかのように陰茎を激しくこすりだしただけで自分も興奮が高まり過ぎていて、すぐに発射しそうだった。

「ヤバいよ。すぐイキそう」と言うと「ダメ」と言って手を放したが、またすぐに握り、あっという間にヌルヌルの割れ目に入れてしまった。

「生だよ?いいの?」という言葉が全く耳に入っていないかのようにものすごい勢いでゆりは腰を振り出した。

「あ。」と10秒持たずに膣内に大量の精子をぶちまけてしまった。が、ゆりの腰のグラインドは止まるどころかさらに激しくなり、発射したばかりの陰茎は自分でも驚くほど簡単に隆起してしまった。

顔を歪めながら無言でひたすら腰を振るゆりの姿にたまらなくなりまたすぐに発射。

どんなに懇願してもゆりは腰を止めてくれず、何かに憑りつかれたように何度も絶頂に達してはまた腰を振り出した。

自分の射精が2ケタに達してもう意識を失いそうになったころ、ようやくうなだれたゆりだったが、「まだ、ダメ。。」とつぶやき、陰茎を引き抜くのを許してはくれなかった。


セレブな出会いなら




△ 目次に戻る

人妻であっても、出会いが欲しいという素直な本能




【完全無料】で人妻と出会い
↓↓↓↓↓



30代後半の女性です。20代前半とかなり若い時分に結婚したのですが、次第に夫がDV傾向を見せるようになり、別居を経て離婚しました。

夫の暴力があまり表面化しておらず、私自身も「これって普通?異常?」と判別がつかなかった頃、人生相談サイトなどを使って他の人の意見を聞いていました。次第にハラスメントの専門掲示板などに移行し、その中でたくさんの人…同じ経験を持つ人などに支えられていました。そして遠方への別居に踏み切ったのです。

当時は子どもも小さかったし、実家はすでになかったのでどうしても精神的な支えが必要でした。女性の友人も何人か親しくしてくれましたが、もっとまともな男性と出会い、そしてつきあいたい…とも内心思っていました。離婚の成立前なので一応まだ人妻なのですが、それでも出会いの場は欲しいと思って、地域に特化した交流掲示板サイトで友達募集をかけてみたのです。女性のリアル友人たちも、私が早く立ち直るには男の人と交際したほうがいい、とすすめてくれました。

こんなワケアリの人妻でしたが、それでも声をかけてくれる人は多く、私は長年夫によって踏みにじられてきた、自分の女性としての自信を取り戻したのです。サイトを通しての出会いなので、実際に会ってみると夫に共通した部分があり、ほうほうの体で逃げ帰ったこともありますが、たいていの場合は優しい人たちで、楽しいデートのひと時を過ごせました。ただ私の状況が状況なので、あまり深入りする関係になったことはありません。

ですが晴れて離婚成立後、そうして知り合った中で一番気の合った人とほぼステディな関係になることができました。人妻であっても、出会いが欲しいという素直な本能に従っておいて良かったな、と今では思っています。

【36歳、デザイナー・イラストレーター】


割り切った関係なら




△ 目次に戻る

子連れの人妻とホテルに行って分かったこと




田舎町で働いている上に職場にはオバサンばかりで恋人を作れる環境とはほど遠いです。こんな愚痴をこぼしている私は休日を利用してある女性とデートすることになりました。

その女性とは出会いを求めるサイトで知り合いました。しかもそほ女性は24歳の人妻だったのです。

最初は既婚者だということを隠しながら私とLINEをしていたので、旦那と子供がいるということを知らされてビックリしてしまいました。

ただ送られてきたカワイイ写真を見るとどうしてもこの女性との関係をやめることが出来ずにいたのです。

そしてとうとう禁断のデートをすることになった訳ですが、久しぶりのデートということもあり、床屋で散髪をして後輩から洋服を借りて待ち合わせ場所に向かいました。

待ち合わせ場所に到着すると女性が立っていて、直ぐにこの女性だと分かりました。その理由は女性の隣に小さな男の子がいたからです。

女性は子供が小さいということもあり、子供同伴でデートに応じてくれたのです。

エッチしたいということを伝えていたので、子供はどうするのだろうと思いましたが、驚くことにいきなりホテルへと誘われたのです。

ホテルに入ると子供は慣れたようにベッドへと向かい跳び跳ねていました。私は察しました。この人妻はこれまでも子供を連れて出会いサイトで浮気をしているのだと。

子供がようやく寝ると私たちはベッドの隅でエッチを開始しました。やはり遊び人の人妻のようで愛撫の仕方はかなりの上級者でした。

喘ぎ声で子供が起きないように口元を押さえながら感じていました。

31歳|工場勤務


人妻と大人のストーリー




△ 目次に戻る

人妻専門出会い系サイトで刺激的な火遊び




男は人妻と聞くと、無意識に燃えてくるのでしょうか?
最近は、そんなアバンチュール的名遊びが比較的、簡単に出来るようになりましたね。
それは人妻専門の出会い系サイトがあるからです。
僕が出会った人も、火遊び願望の人でした。
年齢は、ちょうど30歳になったばかりという女性。 
嘘か誠が真偽は定かではありませんが、彼女曰く
「主人は海外出張で何ヶ月も不在なの。」
スタイルは言葉では。言えないほど超セクシー。
ツンと張り出したFカップに括れたウエスト。
網、身体全体からセクシーオーラが激しく妖婉に放射されていました。
「渡を抱いて!」
というメッセージが無言でも伝わってくるのです。
そんな彼女とは、当然、サイトで知り会ったのですが、待ち合わせ場所で会った瞬間、雷で打たれた感じでした。
下半身は膨張しっぱなしですし、困ったものです。
その夜は、もちろん最寄りのラブホで一晩中、ベッドの上で闘っていました。
闘うというより、愛を育んでいました。
彼女とは、身体の相性がいいようで、週に1回は逢うようになりました。
セフレと言ってもいいかもしれません。
出会い系サイトでよく遊んでいる僕ですが、しばらくはお互いを知りながら、セクシーで熱い夜を過ごすことができそうです。
それでいて、割り切った付き合いができることから、心配なく火遊びができます。
というより彼女の方が、
「真剣に火遊びしようよ。」
と言っています。
「ん?真剣に?」
説いう言い回しが怖くもありますが、深くは考え頭に楽しんでいます。


貴方との出会いを待っています


△ 目次に戻る